DNS ホエイプロテインG+ (ジープラス) 1000g (チョコレート):健康願望

DNS ホエイプロテインG+ (ジープラス) 1000g (チョコレート)

DNS ホエイプロテインG+ (ジープラス) 1000g (チョコレート)

DNS ホエイプロテインG+ (ジープラス) 1000g (チョコレート)
定価: ¥ 5,040
販売価格: ¥ 5,040
人気ランキング: 190位
おすすめ度:
発売日: 2000-08-07
発売元: DNS
発送可能時期: 在庫あり。

「鍛えたら、飲め。」
???ただ「がむしゃら」にやればいいというわけではない。せっかくの努力を効率的に成果に結びつけるには、計画的に行わなくてはならない。つまり、根性主義ではなく、そして経験主義でもなく、理論に裏打ちされたトレーニングを行うことだ。適切なトレーニングと栄養摂取、そして十分な休養が組み合わされば、必ず結果は出てくる。一日一時間のトレーニングをしても、その時だけがトレーニングではなく、その日に摂取する「プロテイン」も、大変重要なトレーニングなのである。

プロテインの王様「ホエイ」
???牛乳のたんぱく質の一部「ホエイ」。その吸収の早さと、体内での利用効率の高さから「プロテインの王様」と呼ばれる。アスリートが作ったブランド「DNS」では、結果につながるホエイプロテインを適正な価格で提供。

DNSにはレベルや使用目的別に5つのホエイプロテインがある
???1回分はジュース1杯程度の価格でがっちりとたんぱく質を補給出来るベーシックな「プロテインホエイ100」。さらに吸収の早いペプチドを配合したベストコストパフォーマー「ホエイプロテインG+」。ペプチドのみをたんぱく源に使ったプロテインの最高級品「ホエイプロテインスーパープレミアム」。最高レベルのたんぱく質含有率を誇る「ホエイプロテインスーパーストイック」。寝る前用プロテイン「ホエイ&カゼイン スローローディング」。




ベストコストパフォーマー「ホエイプロテインG+」
???プロテインの形状は、構成している分子の数により「プロテイン(たんぱく質)」「ペプチド(アミノ酸が数個つながったもの)」「アミノ酸」の3つに分けられる。つまり筋肉の原料としては「プロテイン1g=ペプチド1g=アミノ酸1g」であり、基本的に同じものと考えてよい。トレーニング直後の「ゴールデンタイム」を逃さないためには、最も吸収の速い「ペプチド」が有効である。「ホエイプロテインG+」は、身体作りに重要とされているアミノ酸の1つであるグルタミンをペプチド状態で配合。ワンランク上を目指すアスリートに是非ともお勧めしたい商品だ。

おいしくない・・・
このG+のチョコレート味を愛飲しているのですが、とても飲みやすく普通に、ミロとかミルメークとかと大差ないと感じます。
そこで興味本位で同製品のストロベリー味を購入してみたのですが、ちょっとおいしくないです。。。牛乳に入れてみたらストロベリーミルクかなとも思えますが、なんせ甘党の私ですら甘すぎと感じるレベル。
チョコレート味が100倍旨いです。

まずい。
甘くてまずいです、チョコの味はほとんどしません。

ウイダーのココア味のほうがうまい。

かなり飲みやすい
私は今までプレーンのプロテインばかり飲んできました。
昔、ココア味のものを飲んだことはありましたが、正直言って美味しいかと訊かれれば微妙な味だったので、あまり期待はしていませんでした。

しかし、初めて飲むとき、溶けやすさはもちろん、ちゃんとチョコレートの味がして驚きました。
甘いものが苦手な私としてはお替りは無理に思えるほど甘く感じました。
それでも、トレーニング後や就寝前に飲む分には気にならない程度です。
朝に飲むとしても、血糖値の足りてない脳にも良さそうな甘さです(これは気分的に)。

チョコレート好きには物足りない甘さでしょうけど、逆に私のように甘いものが苦手な人でもすんなり受け入れられそうな味です。

慣れていたとは言え、飲み込んだ直後に喉の奥から「うっ」っとくるプレーンのような味気なさがないのもそうですが、私が飲んでいたプレーンのプロテインよりも、一食あたりのたんぱく質含有量が10g近くも多いのにも本当にビックリです。

「プロテインは摂取したいけど、不味そうだから・・・」と悩んでいる方に、ぜひお勧めしたい商品です。

サプリメント

Sponsored Link

Sponsored Link

電子タバコ

やめたくても、やめられない。

でも、これがあれば大丈夫。

何を試してもダメだった人に、お奨め!

あわせて読みたいブログパーツ

まずは安眠です。

心地良い眠りで、その日1日がスッキリ!

疲れを根こそぎシャットアウト。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。